KinKiKids(キンキ)の歌詞から見る名言⑦選!【意味を紐解く】

 
KinKiKidsの歌詞から見る名言⑦選!【意味を紐解く】

この記事を書いている人 - WRITER -

1997年にCDデビューした彼らは昨年デビュー20周年の節目を迎えた。

デビュー当時、18歳だったキンキの二人も来年には40歳を迎える。

光一と同学年の私も40歳を迎える。

Kidsと呼べない年齢に達した今となったが、初期の曲を聴いても全く色あせていないどころか、常に新鮮な気持ちで聴く事が出来る。

今回紹介する7選のうち、3曲は松本隆作詞の曲ですが、それぞれにシチュエーションが異なるので、情景を浮かべながら聴くと、松本隆の世界感がダイレクトに伝わってきて、心地良くなる。

歌詞から見る名言①ジェットコースターロマンス「アイドルとして一番輝いてる時に残したかった夏の恋愛を歌った曲」

▷発売日 1998年4月22日 

▷作詞 松本隆

▷作曲 山下達郎

名言歌詞紹介

デビュー曲『硝子の少年』セカンドシングル『愛されるより愛したい』と哀愁漂う曲が続いたので、この『ジェットコースターロマンス』を作曲した山下達郎は、19歳の今のうちに歌ってほしい曲がある、と言って用意された曲がこの曲である。

作詞も松本隆という事で、デビュー曲『硝子の少年』と同じ作家陣。

歌番組で歌う時の衣装も水色で明るい色が多かったので、サードシングルにしてようやく年相応のアイドルの王道に近づいたな、と実感しました。

デビュー曲から2作続いた大人びた歌詞ではなく、等身大の夏の恋愛を歌った内容で、恋愛をジェットコースターに例えています。

波はジェットコースター走り出したら止まらないよキスの火花を散らしって

恋はジェットコースター夏の斜面を滑りながら何もかも僕に任せて

若さゆえの甘酸っぱい恋愛が伝わってきます。

恋する気持ちをジェットコースターに乗るドキドキ感やスリルに例えているのが松本隆らしさだと感じました。

カラオケで女性のハートを掴む時は必ずこの曲を歌います。

時にはデュエットをする事もあり、光一と剛のソロのパートをどっちが歌うかで争った事もありました。

そのくらいこの曲に対する思いが強いです。

歌詞から見る名言②青の時代「デビュー2年目にしてダンスは一旦封印し、バラードをしっとり歌い上げました」

▷発売日 1998年7月29日 

▷作詞 canna

▷作曲 canna

名言歌詞紹介

4枚目のシングル『全部だきしめて』と両A面扱いになっている為、テレビの歌番組で披露される機会も多かった。

タイトルの青の時代は青春時代という意味。

それにしても、デビュー2年目にしてバラードを歌うキンキはやはり只者ではないと確信しました。

歌詞の内容は、絶望や怒りを歌っており、これもまたデビューしたてのアイドルからは想像し難い曲ではありますが、それがキンキの真骨頂と言ってもいいくらいの曲です。

砂に書いたあの文字は僕への励ましの言葉

海に流す青い涙悲しい過去の記憶と共に…

 

1人でいたあの頃さびしい夜の月を浴びて

どんなに道がなくても歩いて行こう

1曲目の『全部だきしめて』とは対照的で、孤独で傷だらけの少年が描かれています。

そんな曲に励まされ、とても癒されます。

物事の終わりに相応しい歌詞と曲調になっているので、もしKinKiKidsが解散するとしたら、ラストコンサートのラストナンバーはこの曲が絶対適していると断言できます。

歌詞から見る名言③Anniversary「何気ない今日が僕らの特別なアニバーサリー」

▷発売日 2004年12月22日 

▷作詞 Satomi

▷作曲 織田哲郎

名言歌詞紹介

20枚目の記念シングル。

この曲はシンプルに大切な君と出逢った日が記念日である事を伝えており、結婚式でも使われています。

愛が苦しみだともし教えられても

ボクは迷わずにキミを選んだだろう

 こんなカッコいい言葉をさらりと言える男になりたいと思えた時間でした。

趣味や仕草だって違っているけれど

最近似て来たと友達に言われる

これは友達に言われた事は一度もないですけど、君色に染まりたいくらい人を好きになった事はあるので、この部分は大事にしたいです。

彼女とカラオケに行くと毎回歌います。

この曲も『愛のかたまり』と通じる部分があって、クリスマス等のイベントだけが恋人達の特別な日ではないと表現しています。

歌詞から見る名言④Kissからはじまるミステリー「じっちゃんの名にかけて。高校生ならではの若くて甘酸っぱい歌詞が懐かしい」

▷発売日 1997年7月21日 

▷作詞 松本隆

▷作曲 山下達郎

名言歌詞紹介

デビューシングルと同時発売されたアルバム『Aalubum』に収録されています。

デビュー前に剛が主演を務めていたドラマ『金田一少年の事件簿』の主題歌として流れていたので、KinKiKidsがCDでデビューするならこの曲がデビュー曲になるだろうと私は思っていました。実際クラスの女子もそういう噂をしていました。

それだけ完成度も高かったという事になります。

『硝子の少年』と同じ作詞は松本隆、作曲は山下達郎という布陣でした。

その後、同ドラマで松本潤、亀梨和也、山田涼介が金田一はじめの役を演じましたが、初代金田一はじめは剛ですから、ここからジャニーズの後輩へとバトンが次々と渡されました。

ドラマ放送時と同時期にレコーディングしたと思われるので、声が若いです。

恐らく16歳か17歳の頃の声です。

恋はミステリー教室中切羽つまった空気のサスペンス

これが高校生にしか表現できない、かつ推理探偵のドラマならではの単語がちりばめられています。

恋はミステリー電車に乗る君の背中を密かに尾行した

これも純情少年にありがちな行動ですが、自分にもこんな時代があったんだな、とこの年になってしみじみと感じます。

歌詞から見る名言⑤さまざまな愛『貫禄十分アーティスト堂本剛の誕生』

▷発売日 1999年8月4日 

▷作詞 堂本剛

▷作曲 堂本剛

名言歌詞紹介

KinKiKidsの名義として『Ⅽalbum』に収録されている曲ですが、剛のソロ曲です。

イメージとしてはミスチルの桜井和寿の世界感に近い物を感じます。

剛がミスチルのファンだという事は双方のファンの間でも有名で、剛がソロで歌う時はこのテイストの曲が多い。

誰もが入り組んだ旅路の中で迷う日もあるさ上手くいく日もあるさ

それが僕らさ

悲しい出来事に躓いたならば手を差し伸べるさ

怖くなんかないさ

こういう直球的なメッセージ性の強い歌詞は最近のKinKiKidsでは歌う頻度が減りましたが、この曲が発売された1999年は日本人が癒しを求めていた時代だったので、素直に受け止める事が出来るくらい心を打たれました。

歌詞から見る名言➅ビロードの闇『本当に打ちひしがれた光一だった』

▷発売日 2005年6月15日 

▷作詞 Satomi

▷作曲 林田健司

名言歌詞紹介

まず、この曲を聴いて思い出すのは『ミュージックステーション』に出演時、まさかの光一が歌詞を間違える事件でした。この事は散々ネタにしており、13年経った今でも昨日の事のように覚えています。

痛いくらいの不安を一人で抱え眠れる夜に打ちひしがれる

こんな時代じゃ退屈な夢も僕らは見る事され許されないだろう

この部分を間違え、それに吊られた剛も笑ってしまい、Bメロの歌詞を間違えるという共倒れになってしまいました。

出だしから屈折した心情やタイトル通り心の闇を書いているが、この作詞家はキンキの他の曲では『情熱』『Anniversary』『永遠に』等のシンプルなラブソングも書いているのでこのパターンは珍しいと当時思っていました。

歌詞から見る名言⑦シンデレラクリスマス「12時になったら帰ります」

▷発売日 1998年12月8日 

▷作詞 松本隆

▷作曲 谷本新

名言歌詞紹介

童話『シンデレラ』から引用したこの曲は、キンキにとって10代最後の曲である為、ロマンチックな歌詞で、これぞアイドルの王道とも言えるラブソングです。

20代に突入すると、楽曲だけに限定すると徐々にアイドル感が薄れていくので、『ジェットコースターロマンス』同様、若さを最大限に活かせる曲です。

ガラスの靴さえ僕たちにはいらない普段着のままの君愛してるよ

ごらん雪が止んで星が瞬いてる線路に耳当てて君の鼓動聴こう

松本隆は情景描写が上手く、歌詞を読んでるだけで、二人のシチュエーションが想像つくので、さすが歌謡界のレジェンドと言われるだけあります。

私個人としては、やはり年末の時期に彼女と行くと必ずカラオケで歌います。

まとめ

昨年、デビュー20周年記念として、特番で『LOVELOVE愛してる』が16年ぶりに復活し、当時のレギュラーだった吉田拓郎、篠原ともえと再会を果たし、デビュー日の7月21日に放送され、第1回から観てた私は、時間の流れを感じた。

そして、毎年恒例の『堂本兄弟スペシャル』も年末に放送され、2017年は、この二番組が同じ年に放送され、最高の1年でした。

どちらの番組も最後にキンキの演奏で、ゲストが歌い、時にはキンキの二人も一緒に歌う事もあるので、『Kissからはじまるミステリー』を是非、再現してほしいです。

『Kissからはじまるミステリー』は、CDの音源は17歳の頃の声なので、現在の歌声で聴きたいのが、私の贅沢な願いです。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© CD・DVD予約情報音NAVI  , 2018 All Rights Reserved.